化粧品、ネット通販火花 三越伊勢丹、1万点規模 資生堂、若者強化

2018/12/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

実店舗での対面販売が中心だった国内化粧品市場で各社がインターネット通販を強化している。三越伊勢丹ホールディングスは2019年春にも化粧品専用のネット通販サイトを立ち上げる。資生堂も通販向け商品の開発を加速。化粧品情報サイト運営のアイスタイルは自社通販サイト上で大規模セールをこのほど実施した。ネットに慣れ親しんだ若年層を取り込めるかが、成長する化粧品市場での主導権争いに影響しそうだ。

三越伊勢丹が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]