/

この記事は会員限定です

景気回復 最長への関門(下) 力不足の「メリハリ消費」

増えない可処分所得

[有料会員限定]

「買い回りの傾向が強くなっている」。食品スーパー、ヤオコーの川野澄人社長は語る。「買い回り」とは、ドラッグストア、インターネット通販など安さを求めて商品によって買い物先を変える行動を指す。伊藤忠商事の鈴木善久社長も「消費者の低価格志向は非常に根強い。買い物場所がコンビニからスーパー、もっと安いドラッグストアに流れている」と指摘する。

長期の景気回復でも消費者の財布のひもは緩まない。消費の力強さを示す消費総合指数は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン