/

この記事は会員限定です

AIやIoT受注狙う 日本語武器にアジア強化

[有料会員限定]

FPTはベトナム本国や日本企業のシステム開発を多く受注し、急成長してきた。今後は日本に大量の技術者を送り込むことで、人工知能(AI)関連など高度な案件を受注し、単純なシステム開発からの脱却を目指す狙いがある。

日本企業のシステム開発やデータセンターなどのIT(情報技術)関連投資は世界でも高水準だ。調査会社のIDCジャパンによると、2017年の日本のIT支出額は16兆8400億円で米国、中国に次ぐ3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン