「特殊鋼の安来」視線は空 日立金属、航空機部材を開拓 プレス設備に115億円 車頼み脱却、成長の翼へ

2018/12/7付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

日立金属の安来工場(島根県安来市)は、自動車部品などで使う特殊鋼の主力生産拠点。自動車の電動化が進み、エンジン向けなどの特殊鋼需要が長期的には減る可能性があるなか、航空機など成長分野への用途拡大を担う。今年4月には、加圧能力1万トン超えの大型プレス機が稼働。品質管理にも磨きをかけて新境地を切り開く。

特殊鋼の「マザー工場」である安来工場の一角。稼働した大型プレス機は、同工場で過去最大。鉄を溶かし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]