/

この記事は会員限定です

水道の広域化で経営基盤強化を 総務省有識者研究会

[有料会員限定]

総務省の有識者研究会は6日、自治体の水道事業の広域化を促す報告書を公表した。急速な人口減少で中長期的に料金収入の大幅な減少が見込まれるため、コスト削減や人材確保に向けて経営統合や施設の共同利用などの検討を求めている。スマートメーターによる自動検針など人手不足に対応する先端技術の活用も課題に挙げた。

自治体の水道事業は簡易水道を含め2016年度時点で全国に2033あ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン