2019年1月24日(木)

仏、財政再建に黄信号
来年の燃料増税、デモで凍結 富裕税の復活浮上

2018/12/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【パリ=白石透冴】フランスのマクロン大統領が進めてきた財政再建に黄信号がともった。2019年1月に予定していた燃料税の引き上げを1年間は凍結する方針を表明し、同年の財政赤字が想定より拡大する可能性が出てきたためだ。目減りする歳入を穴埋めするため、政権内では18年1月に廃止したばかりの「富裕税」の再導入を模索する動きも浮上した。

仏財政の再建にブレーキがかかれば、欧州連合(EU)の財政ルールが揺ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

仏、IT課税 来年に先行導入検討[有料会員限定]

2018/12/7付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報