2018年12月19日(水)

OPEC減産継続、暫定合意 来年1月以降 幅示さず、きょうロシアと協議

2018/12/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ウィーン=飛田雅則】石油輸出国機構(OPEC)は6日に総会を開き、2019年1月以降の協調減産について議論した。価格下落が続く原油は世界景気の減速懸念で需要が減り、今後も供給過剰が続くとの観測が出ている。協調減産で原油安に歯止めをかける狙いがあり、非加盟国のロシアなども含め日量100万バレル超の減産を軸に合意を目指す。

ロイター通信によると、OPECは17年から取り組んできた非加盟国との原油協…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報