2018年12月11日(火)

キャッシュレス狂騒曲(中)踊れぬ主役 カード会社 薄い利幅、投資余力乏しく QRとすみ分け不透明

2018/12/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

キャッシュレス化に向けた新たな動きが広がるなかで、浮かない顔なのがクレジットカード会社だ。日本のキャッシュレス決済の9割超を担う主役だが、大きな波に乗る一手がなかなか出ない。政府の要求も厳しく、成長への展望を描けないでいる。

革新的なサービスを打ち出せない理由の1つは稼ぐ力の弱さだ。もともと収益源はカードによるキャッシングの利息収入だった。2007年から段階的に施行された改正貸金業法で貸金業への…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報