/

この記事は会員限定です

医師の残業時間上限、一般労働者より長く

厚労省が骨格案

[有料会員限定]

厚生労働省は5日、医師に適用する残業時間の上限規制の骨格案を示した。一般の労働者よりも時間の上限を緩くする。地域医療の確保と技能向上が必要な医師にはさらに緩い水準を設定すると同時に、終業から次の始業まで一定の休息をもうける勤務間インターバルを義務付ける。

6月に成立した働き方改革関連法で残業時間への上限規制の導入が決まった。一般労働者は単月100時間未満、2~6カ月平均で80時間以内、年720時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン