/

この記事は会員限定です

都市別GDP、中国躍進へ

北京・上海などトップ10に 日経センター2030年予測

[有料会員限定]

日本経済研究センターは5日、日本と米国、アジアの13カ国・地域の主要77都市を対象に都市別の域内総生産(GDP)の予測をまとめた。上位10都市をみると、2015年で中国はゼロだが、30年には北京など4都市が浮上する。米国は8から5都市に、日本も2から1都市に減る。中国の都市が今後、躍進することが鮮明となった。

15年のGDP(名目値)で上位10都市をみると、ニューヨークが1位、ロサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン