/

この記事は会員限定です

年金受給の厚労省試算、現実とズレ

70歳からなら「月33万円」

[有料会員限定]

厚生労働省は70歳を超えてからでも年金の受け取りを開始できるようにする方針だ。実施時期など具体的な議論はこれからだが、厚労省は70歳まで遅らせればサラリーマンの夫と専業主婦の世帯で月33万円もらえるとの試算を初めて出した。

厚労省が公表した「専業主婦モデル」の試算では、サラリーマンである夫の給料の額面平均が20~60歳まで月42.8万円で、60~65歳は35.1万円、65~70歳が30.5万円で働...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン