米、対中強硬派が前面に 2月交渉期限へ圧力、議会対策の側面も

2018/12/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ワシントン=鳳山太成、北京=原田逸策】トランプ米大統領は貿易摩擦の新たな対中協議の責任者に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表を指名した。2019年2月末までの短期交渉は、政権きっての対中強硬派が前面に出る。中国への圧力を高めると同時に協議への議会の理解を得る狙いだが、決裂リスクも拭えない。

「USTR史上最もタフな交渉者」。ナバロ大統領補佐官は3日、ライトハイザー氏を持ち上げた。2人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]