/

この記事は会員限定です

特許出願、中国が最多

昨年138万件、世界の4割占め首位続く WIPO調べ

[有料会員限定]

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界知的所有権機関(WIPO)は3日、2017年の特許出願件数が過去最高の317万件になったと発表した。出願の受け付け国では中国が138万件と全体の約4割を占め、7年連続で首位になった。知財の世界では中国がけん引する形でアジアの勢いが増している。

世界の特許出願件数は金融危機後の09年を除いて、03年から増加が続いてきた。WIPOは17年の出願件数について、中国の集計方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン