2018年12月16日(日)

米中、内憂抱え一時休戦
経済共倒れを不安視 短期協議、見えぬ合意

2018/12/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ブエノスアイレス=河浪武史】米中首脳は1日、追加関税の発動を90日猶予する薄氷の合意にこぎつけた。両国とも貿易戦争激化による国内景気の悪化を避けるために一時休戦で折り合った格好だが、知的財産の保護などを巡って「短期決戦」に突入する。中国の国家資本主義の根幹ともいえる「中国製造2025」計画の扱いは玉虫色で、米中の覇権争いが和解に向かう期待はかけにくい。(1面参照

「これ以上は許さない」。トラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

TAG交渉にも影響[有料会員限定]

2018/12/3付

合意は非常に限定的[有料会員限定]

2018/12/3付

関税、双方に負の影響[有料会員限定]

2018/12/3付

米、間際まで圧力 中、迫られた譲歩[有料会員限定]

2018/12/3付

南シナ海、進展なく[有料会員限定]

2018/12/3付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報