2019年5月20日(月)

ALSにパーキンソン薬 慶大、iPSで効果発見 臨床試験開始

2018/12/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

慶応義塾大学の研究チームは全身の筋肉が徐々に衰えていくALS(筋萎縮性側索硬化症)の治療につながる候補薬をiPS細胞で発見し、患者に投与する臨床試験(治験)を12月から始めた。パーキンソン病向けに販売されている既存の薬で、患者で効果を確認する。iPS細胞を使って見つけた薬による治験は国内で3例目になる。

治験を受ける患者はALSを発症して5年以内で、20~80歳の20人。慶応大学病院でパーキンソ…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報