/

この記事は会員限定です

マイクロソフト、安定成長へ変身

時価総額、終値でアップル抜く クラウド集中が原動力

[有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志、ニューヨーク=宮本岳則】マイクロソフトの時価総額が11月30日、終値ベースでアップルを上回り、世界最大になった。企業のIT(情報技術)投資需要を取り込むべく、クラウド事業に経営資源を集中している。いまやIT投資は企業には「必需品」といえ、好不況にも左右されにくい。来年以降の米景気を不安視するムードも強まるなか、「不況耐性」の高いビジネスモデルが市場の評価を集めている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1450文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン