2018年12月16日(日)

焼酎「地理的表示」認定多く 市場縮小、てこ入れ急ぐ

2018/12/1付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

麦を原料とした焼酎は、長崎県壱岐市のものが最も古いとされ、壱岐産の麦焼酎は1995年に国税庁から酒類の産地名を独占的に名乗る地理的表示(GI)を認められている。壱岐産と表示することで地域ブランドを確立し、他の製品と差異化できるほか、消費者に品質をアピールすることができる。

酒造が盛んな九州では熊本県の米焼酎も「球磨」、沖縄県の泡盛が「琉球」、鹿児島…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報