2019年1月23日(水)

インフラ補修、30年で194兆円 国交省推計

2018/12/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国土交通省は30日、今後30年で必要となる道路や河川などインフラの維持管理、更新費用の推計をまとめた。2019年度から48年度までに必要な費用は最大194兆6千億円になると見込んだ。施設が劣化して機能に不具合が生じる前に修繕する「予防保全」を前提とした。

インフラの老朽化と、それに伴う補修費用は大きな課題となっている。建設されてから50年以上がたつインフラの割合は73万カ所の道路橋のうち25%、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報