iPSでマウス脊髄治療 慶大、運動機能の回復成功

2018/11/30付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

慶応義塾大学の岡野栄之教授らは、慢性期の脊髄損傷になったマウスに人のiPS細胞から作った神経のもとになる細胞を移植し、症状を改善させることに成功した。まひで十分に働かなかった後ろ脚の運動機能が回復した。成果は米科学誌ステム・セル・リポーツ(電子版)に30日発表した。

研究チームはこれまでに、薬剤を加え遺伝子の働きを変えることで、神経のもとになる細胞のがん化を抑える手法を開発していた。この手法が神…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]