/

この記事は会員限定です

iPSでマウス脊髄治療

慶大、運動機能の回復成功

[有料会員限定]

慶応義塾大学の岡野栄之教授らは、慢性期の脊髄損傷になったマウスに人のiPS細胞から作った神経のもとになる細胞を移植し、症状を改善させることに成功した。まひで十分に働かなかった後ろ脚の運動機能が回復した。成果は米科学誌ステム・セル・リポーツ(電子版)に30日発表した。

研究チームはこれまでに、薬剤を加え遺伝子の働きを変えることで、神経のもとになる細胞のがん化を抑える手法を開発していた。この手法が神経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン