2018年12月10日(月)

ダイバーシティ、投資成功の柱 
ヘンリー・クラビス氏 KKR創業者 女性管理職、登用拡大のワケ

2018/12/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

マネーの力で企業を売り買いする投資ファンドは、米国でも指折りの男性優位の職場だった。最大手のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)は女性の採用拡大などダイバーシティ(人材の多様化)を経営の重要課題に据えている。ヘンリー・クラビス創業者に狙いを聞いた。

――KKRは十分に成功してきた。なぜダイバーシティが必要なのか。

「同じような考え方をする人間ばかりでは、グループシンク(集団浅慮)に陥り、自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

米金融界、男性中心から転換[有料会員限定]

2018/12/3付

〈取材を終えて〉日本、人種や国籍も意識を[有料会員限定]

2018/12/3付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報