/

この記事は会員限定です

三井物産、アジア病院大手IHHの筆頭株主に

2300億円追加出資

[有料会員限定]

三井物産は29日、マレーシアの病院大手IHHヘルスケアに約2300億円を追加出資すると発表した。出資比率は従来の18%から32.9%に高まり、筆頭株主となる。東南アジアは経済成長に伴い生活習慣病などの医療需要が高まっている。三井物産はヘルスケア事業を成長分野と位置づけており、アジアで医療関連事業を拡大する。

現在の筆頭株主であるマレーシア政府系投資会社、カザナ・ナショナルが保有する株式の一部を、関係当局の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン