/

この記事は会員限定です

(社説)外国人労働の論点はなお多い

[有料会員限定]

外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案が衆院を通過した。野党は受け入れ数の上限や在留管理の体制が不明確だと指摘し、強引な国会運営に反発している。政府・与党は参院での審議を通じ、様々な懸念に丁寧に答えていく姿勢が必要だ。

27日の衆院法務委員会で、与党は主な野党の反対を押し切って同法案を採決。その後の衆院本会議で自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決した。

同法案は一定の技能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン