/

この記事は会員限定です

虐待対策、予防の質向上を

NPO法人児童虐待防止協会理事長 津崎哲郎

[有料会員限定]

3月に東京都目黒区で船戸結愛ちゃん(当時5)が両親から虐待され死亡した事件では、両親に必死に許しを乞う結愛ちゃんの文章が人々の心を揺さぶった。

この事件を受け、国は向こう4年間で児童福祉司を2千人増やすことを決めた。児童相談所職員の手が回っていないというのが増員の理由だが、今回の事件は、行政サイドが忙しかったからというより、ケースのリスクを見極める力がなかったために救済のチャンスを逃してしまったと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン