/

この記事は会員限定です

脱レジ袋、コンビニ「改心」

環境省の有料化方針に前向き 高まる環境意識、背中押す

[有料会員限定]

環境省はスーパーなどで配布されるレジ袋について有料化を義務付ける方針だ。使い捨てプラスチックごみによる世界的な海洋汚染の問題で対策を迫られた。有料化は2005年にも導入の機運を目指したが、コンビニエンスストア業界などの反発で断念した。今回は環境汚染の深刻化と消費者意識の変化からコンビニの牙城を崩せそうだ。

13年前は猛反対

10月19日の中央環境審議会の専門委員会。環境省は使い捨てプラスチック削減戦略として排出量を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン