/

この記事は会員限定です

首都大学東京 気候学国際研究センター

アジアの減災目指す

[有料会員限定]

2018年は西日本豪雨や関西を襲った台風21号など、深刻な気象災害が相次いだ。海外でもこの1年で、フィリピンやインドで台風や大雨が猛威をふるった。首都大学東京の気候学国際研究センターは国境を越えた共同研究で異常気象のメカニズムを明らかにし、日本を含めたアジア各国の減災を目指している。

センターは15年に設置された。都市部で起こるゲリラ豪雨から国をまたぐモンスーン(季節風)が関わる気候メカニズムまで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン