/

この記事は会員限定です

介護職に外国人 官民が環境整備

受け入れ拡大、定着促す 都、奨学金や家賃負担 教育団体、学生の相談窓口

[有料会員限定]

介護業界での外国人受け入れ拡大に向け、首都圏の自治体や民間団体が環境整備に動いている。東京都や千葉県は日本での学費や家賃を一部負担する財政支援制度の導入を計画。介護福祉士を育てる教育機関の団体は留学生向けの相談窓口を設けた。外国人が安心して学んだり、働いたりできる環境をつくり、人手不足が深刻化する日本の介護施設への定着を促す。

東京都は介護施設に勤めながら介護福祉士の養成校に通う外国人留学生に対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン