防衛費、算定基準使い分け
対米、NATO基準で上積み トランプ氏要求に配慮

2018/11/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は防衛装備品の取得費など日本の防衛費について国内と米国向けを使い分けて説明する方針だ。日本の防衛費の目安は国内総生産(GDP)比1%以内だが、同盟国の負担拡大を求める米国には北大西洋条約機構(NATO)の算定基準を使い額を上積みする。米国からF35戦闘機を最大100機取得し、防衛費自体も増やす。日米物品貿易協定(TAG)交渉を有利に運ぶ狙いもある。

岩屋毅防衛相は27日の記者会見で「防衛関係…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]