/

この記事は会員限定です

食品スーパーの8割 増益

今期20社営業 ヤオコーやバロー、総菜伸び採算改善

[有料会員限定]

食品スーパーの業績が改善している。2、3月期決算の上場20社の2018年度は8割にあたる16社が前年度比で営業増益を見込む。17年度はパートなどの人件費の上昇が響き増益は8社にとどまったが、今期は新店の開業や総菜などを充実させている効果が出る。店舗の運営も効率化を進めており人件費の伸びを一部補う効果も表れる。

20社のうち8割以上が増益となるのは15年度以来、3年ぶり。営業利益は合計で1332億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン