/

この記事は会員限定です

スワニーとIBUKI、先端金型を大型化 3Dプリント技術を活用

[有料会員限定]

精密部品設計のスワニー(長野県伊那市)とIBUKI(山形県河北町)が3Dプリンターを使う先端金型の高度化で組む。樹脂を組み合わせたスワニーの独自金型をIBUKIの生産ラインを活用して大型化する。両社の得意分野を持ち寄って課題も改善し、自動車部品や家電の試作品への活用を働きかける。

スワニーは7年前から製造過程で3Dプリント技術を活用する。先端金型「デジタルモールド」は3Dプリンターで製造した樹脂製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン