/

この記事は会員限定です

日航・全日空 立ち入りへ

飲酒問題で国交省 羽田事務所など

[有料会員限定]

飲酒の影響でパイロットが乗務できなかった問題を受け、国土交通省は26日、航空法に基づいて日本航空と全日本空輸を立ち入り検査すると発表した。

日航は27日から、全日空は28日から、それぞれ3日にわたって羽田空港の事務所などの検査を実施する。国交省は結果を踏まえ、行政処分などを検討する。

両社は今月16日に国交省に事実関係や再発防止策を盛り込んだ報告書を提出しており、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません