/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹、都心ビル売却 300億円

旗艦店周辺に注力

[有料会員限定]

三越伊勢丹ホールディングスは都心に保有するオフィスビルを約300億円で売却する方針を固めた。その一方で、旗艦店である伊勢丹新宿本店(東京・新宿)の周辺でビルを購入し、将来の再開発も検討する。業績低迷を受けて、人員削減や不採算店舗の閉鎖を加速。不動産も入れ替えを進め、強い地域に経営資源を集中する。

27日にも発表する。売却するビルはJR新宿駅南口に近い「サウスゲート新宿」(東京・渋谷)。一方で、同物件の売却で得られる資金を見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り470文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン