自治体の見守り困難 八代尚宏・昭和女子大特命教授

2018/11/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

八代尚宏・昭和女子大特命教授(経済学) 単身高齢者が増加すると家族の介護支援がない分、行政に負荷がかかる。孤独死などのリスクも高まるが、オートロック式マンションの増加で自治体などによる見守り活動は困難…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]