2018/11/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

予測の2倍を超す6400万人が訪れた1970年の大阪万博。美術愛住館(東京・新宿)がきょうまで開いている「万国博覧会展」は、映像や模型を通じ当時の熱気を伝える。規模の大きさと意匠などの先端ぶりに、こうした催しがよく実現できたと改めて感心する。

▼万国博は単なる国際見本市ではない――。開催の4年前、理念作りや展示立案に関わった作家の小松左京氏がそんな一文を発表している。企業人、学者、デザイナーが集ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]