スマホゲーム、減速あらわ 7~9月、12社減益・赤字 中韓勢、斬新さで台頭

2018/11/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

スマートフォン(スマホ)向けを主力とするゲーム会社の業績が軒並み減速している。ゲーム内でキャラクターを目玉にして稼ぐ収益モデルから抜け出せず、新たなヒット作が生まれないためだ。一方で斬新な遊び方を提案する中国や韓国勢のゲームが台頭しており、「ゲーム大国」日本の座が揺らいでいる。

米調査会社のアップアニーの予測によると、2018年の国内スマホゲーム市場は約140億ドル(約1兆6000億円)で前年比…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]