/

この記事は会員限定です

キャッシュレスで5%還元

消費増税対策 五輪までの9カ月検討

[有料会員限定]

安倍晋三首相は22日、2019年10月に予定する消費増税への経済対策としてクレジットカードなどでキャッシュレス決済した際に5%のポイント還元を検討する考えを示した。増税から20年夏の東京五輪前までの9カ月間実施する。2%の増税幅を超す負担軽減で景気を下支えし、キャッシュレス社会を推進する環境整備も急ぐ。

自民党の岸田文雄政調会長が首相との会談後に明らかにした。

キャッシュレス決済によるポイント還元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン