/

この記事は会員限定です

農業が看板の弁護士も

高まる専門家のニーズ

[有料会員限定]

自らの専門分野として農業を掲げる弁護士も登場している。

大城章顕弁護士は、かつて農作物の販売詐欺に遭った農家の依頼に応じた際に契約書や記録が何もなかったことに衝撃を受けたという。「弁護士がかかわる意義や余地が大きいと判断した」と明かす。

いまは農業団体や農業ベンチャーなどとの接触を深め、ニーズを探っている。「農業の変化に対応するためには中小企業並みの法務体制は必要になる」と助言している。

菅原清...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン