余った料理 フードシェア 安く買って食品ロス減

2018/11/26付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

飲食店で余った料理や食材などを安く購入できる「フードシェアリング」のサービスが広がっている。入手できるのは「賞味期限が近い」「作りすぎた」などの理由で、販売を急ぐ必要のある食品。割安に食事を楽しみつつ、食べられるのに捨ててしまう「食品ロス」を減らせる。

SHIFFT(東京・豊島)が運営する「Reduce GO」。東京都内で139の飲食店が加盟し、その日に予約のキャンセルが出た料理などを出品する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]