/

この記事は会員限定です

技術も情熱も 家業、私が継ぐ

花火研究で博士号/経営工学学ぶ

[有料会員限定]

家業を父から継ぐ女性経営者の活躍が広がりつつある。将来は後継者になるという意識を持ち、専門知識を積極的に身に付けた実力派の跡取り娘が目立つ。男性中心の業界に新しい風を吹き込み、変革や成長を加速する力として期待が高まる。

「危険を伴う花火の打ち上げ現場を仕切る姿を目にして、父のようになりたいと思った」。宗家花火鍵屋(東京・江戸川)15代目、天野安喜子さん(48)は話す。14代目の修さんの次女で、早く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン