子ども約8.5万人、栄養失調で死亡 15年以降のイエメン

2018/11/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【カイロ=共同】国際的な非政府組織(NGO)セーブ・ザ・チルドレンは21日までに、内戦が続くイエメンで2015年以降、極度の栄養失調で死亡した5歳未満の子どもが推定約8万5千人に上ると発表した。

15年4月から今年10月までの国連のデータを分析した。同NGOのイエメン代表は「泣…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]