/

この記事は会員限定です

巨大化の号砲(下) 米運用、資金流出に焦り

ESGなど成長分野探る

[有料会員限定]

世界最大の米資産運用業界が転機を迎えている。米国株の上昇などを手がかりに巨大化が進んできたが、ここにきて資金の流出など変化の兆しがみえる。マネーの受け皿となってきた株価指数に連動したパッシブ投資も例外ではなく、米運用会社は危機感を募らせている。

「金利の先高観もあって機関投資家がリスクオフの姿勢を強めた」。世界最大のブラックロック。いつもは強気な発言で知られるローレンス・フィンク最高経営責任者(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン