/

この記事は会員限定です

環境・社会・ガバナンス格付け 日産は「最低」 9月に指摘

米企業、過度の権限集中に疑念

[有料会員限定]

日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕で、日産のコーポレートガバナンスの脆弱さが指摘されている。指数算出会社の米MSCIは9月に日産のESG(環境、社会、ガバナンス)格付けを最低の「CCC」に引き下げていた。鷹羽美奈子ヴァイスプレジデントは「株式持ち合いや取締役会の独立性など、コーポレートガバナンスの問題は多かった」と話す。

MSCIは企業のガバナンスを96項目に分けて評価し、ガバナンススコアを付ける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン