2019年7月23日(火)

AIで会計不正検知 仰星監査法人、システム外販

2018/11/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

仰星監査法人は2019年夏をメドに、人工知能(AI)を活用した会計不正の検知システムを導入する。EY新日本監査法人など大手が開発しているが自社内での活用にとどめるケースが多い。仰星は同業である中小の監査法人にも外販し、監査品質の向上につなげてもらう考えだ。

財務分析システム開発のZECOOパートナーズ(東京・千代田)のシステムをベースに仰星が開発する。19年度初めまでに実証実験を済ませ、19年の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。