/

この記事は会員限定です

木内酒造、ウイスキー事業本格化

茨城・石岡に蒸留所 生産量12倍 観光にも力

[有料会員限定]

老舗酒造会社の木内酒造(茨城県那珂市)は同県石岡市に蒸留所を新設し、ウイスキー事業に本格参入する。1日あたりの生産量は現在の12倍にあたる600リットルを目指す。原料も県産の麦やコメにこだわり、地域色を前面に出したウイスキーに仕上げる。蒸留所には見学コースなども整備。県内の観光地、茨城県フラワーパーク(石岡市)と近接する利点も生かし、周辺地域への観光客の取り込みも図る。

同社が石岡市に設ける八郷蒸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン