木内酒造、ウイスキー事業本格化
茨城・石岡に蒸留所 生産量12倍 観光にも力

2018/11/20付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

老舗酒造会社の木内酒造(茨城県那珂市)は同県石岡市に蒸留所を新設し、ウイスキー事業に本格参入する。1日あたりの生産量は現在の12倍にあたる600リットルを目指す。原料も県産の麦やコメにこだわり、地域色を前面に出したウイスキーに仕上げる。蒸留所には見学コースなども整備。県内の観光地、茨城県フラワーパーク(石岡市)と近接する利点も生かし、周辺地域への観光客の取り込みも図る。

同社が石岡市に設ける八郷…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]