/

この記事は会員限定です

端末と通信料 完全分離

規制改革会議、携帯値下げへ答申

[有料会員限定]

政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大学教授)は19日、安倍晋三首相に答申した。携帯電話の料金引き下げでは通信料と端末料金の完全分離を明記。IT(情報技術)人材を育成するためのプログラミングや英会話などを遠隔教育で推進。5年以内に希望するすべての小中高校でするよう提起した。(

関連記事総合2政治面に

答申を受け、首相は「速やかに改革を実行に移したい」と述べた。政府は2019年3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り495文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません