イオンやセブン、農漁業者の労働環境配慮 お墨付きで価格競争と一線

2018/11/19付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

食品スーパーの間で環境や労働安全に配慮した生鮮品を扱う動きが広がっている。イオンは国際認証を得た農場で作ったタマネギなど3種類の野菜の全国販売を始め、専用サイトで生産工程を公開。セブン&アイ・ホールディングスは水産物で似た取り組みを始めた。消費者の間で社会・環境に配慮した「エシカル(倫理的)消費」の関心が高まっているのに対応し、価格競争から一線を画す狙いもありそうだ。

イオンが展開するのは「GG…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]