/

この記事は会員限定です

APEC 機能不全に

首脳宣言の採択断念 米中の溝 埋まらず

[有料会員限定]

【ポートモレスビー=遠藤淳、永井央紀】パプアニューギニアで開かれていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が首脳宣言の採択断念に追い込まれた。米国と中国の通商政策を巡る非難合戦が激化し、首脳レベル間の協議でも歩み寄れなかった。二大国の対立は地域の経済協力の枠組みに影を落とし始めた。(1面参照

「1つ、2つの項目で合意できなかった。代わりに議長声明を出す」。議長国パプアのオニール首相は首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン