/

この記事は会員限定です

プラごみ削減 自治体も動く

県、小学校で出前講座/都、代替品普及後押し

[有料会員限定]

世界的な海洋汚染が問題となっているプラスチックごみを減らそうと、首都圏の自治体が対応を急ぎ始めた。紙製ストローなどプラスチックの代替品の普及を後押しするほか、流通業と連携してレジ袋の削減などを呼びかける。プラごみ対策では国が近く排出量の数値目標を設定する方針だ。最大の消費地である首都圏の取り組みが鍵を握る。

調達費を負担

東京都庁内のカフェ「タリーズコーヒー都庁店」で10月の1カ月間、ストローが従...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン