2019年3月27日(水)

感染症、20年に流行リスク
ワクチン政策迷走のツケ

2018/11/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

風疹が大流行の兆しを見せている。おたふく風邪、はしかを含む3つの感染症の流行が、2020年の東京五輪・パラリンピックの頃に重なるという最悪のシナリオも専門家の間でささやかれている。背景には、ワクチン政策の迷走がある。

「国がワクチンの必要性を周知し普及策を講じていれば、流行を抑えられたはず」。日本小児科学会、日本感染症学会などが参加する予防接種推進専門協議会の岩田敏委員長(慶応大学客員教授)は今…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報