2018年12月11日(火)

川崎発「熟成魚」 産官学連携で

2018/11/16付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

川崎北部市場水産仲卸協同組合(北水協、川崎市)は15日、鮮魚を3週間程度熟成させてうま味成分を増やした「熟成魚」の販売を始めた。明治大学農学部(川崎市)の村上周一郎教授とミートエポック(同)が共同開発した熟成肉の製造技術を魚に応用した。水産物卸売市場の取扱量が減少する中、川崎の産官学連携で熟成魚を新たなブランドとして確立するこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報