/

この記事は会員限定です

中国の知財訴訟激増

昨年20万件、制度整う

[有料会員限定]

コーエーテクモゲームスが「三国志」で著作権侵害を訴えたのをはじめとして、中国は現在「知財訴訟大国」となっている。2017年の知財関連の民事訴訟の提訴件数は16年比47%増の20万1039件に及ぶ。日本(17年は928件)とは桁違いだ。

知財侵害が多いという事情のほかに、中国当局の紛争解決インフラの整備も一因だ。14年以降、北京や上海など大都市に知財紛争を専門に扱う機関を相次ぎ設立。大量の訴訟を裁き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン